キャッシング・ローン

キャッシングってなに?クレジットカードでのキャッシングについて解説


~キャッシングってなに?クレジットカードでのキャッシングについて解説~

 

クレジットカードは基本的には、「お買い物」や「食事」「旅行」などで利用するケースが多いと思います。

ちなみに私も上記の内容で利用するのがほとんどです。

 

しかしクレジットカードには「キャッシング」と言う機能がついています。

 

クレジットカードは使ったことあるけど、キャッシングに関してはイマイチ良くわからない。

そんな方も結構多いと聞くので、今回はこのクレジットカードのキャッシングについてお話していこうと思います。(*^▽^*)

 

クレジットカードキャッシングとは

多くのクレジットカードには、買物に使える「ショッピング利用枠」と、ATMなどから現金を借りられる「キャッシング利用枠」が設けられています。

このキャッシング利用枠内であれば、クレジットカードを使って全国の銀行やコンビニ・郵便局のATMなどで現金を借り入れたり、カード支払い口座に現金を振り込んだりすることができます。

 

キャッシングは、クレジットカードを申し込むときに上限となる額を希望すると、審査によって利用枠が設けられます。

なおクレジットカードを申し込んだ後でも、キャッシングの審査を受けることで利用枠の設定および変更ができます。

 

キャッシングは、急に手元に現金が必要になったときに便利で、返済は翌月1回払いやリボ払いなどカード会社によりさまざまです。

借りる前にはカード会社のウェブサイトなどで、返済方法や金利を確認するようにしましょう。

 

 

キャッシングとローンの違いは?

「キャッシング」と「ローン」ってどっちもお金を借りることでしょ?? 何が違うの??っと疑問をもたれる方もいるでしょう。

ここではキャッシングとローンの違いについて説明しますね。

 

カードローンとは、銀行などの金融機関やクレジットカード会社が提供する「現金の借り入れ専用のサービス」のことを指します。

 

カードローンはクレジットカードのキャッシングサービスと混同されがちですが、キャッシング機能が付いたクレジットカードはショッピングにも利用できます。

しかしカードローンで利用するカードは借り入れ専用カードであるため、ショッピングには利用できません。

 

「キャッシング」とは、現金を借り入れる手段や金利が異なる「カード付帯のキャッシング」のサービスの総称になります。
一方「カードローン」とは、カード会社や金融機関などが提供している、現金の借入に特化したキャッシング専用サービスです。

ATMによる借入はもちろん、指定の銀行口座に指定額を振り込んでもらう借り方をできることが特徴です。

 

キャッシングを利用する場合には申請が必要

キャッシングを利用するには、「キャッシング枠」を設定する必要があります。

 

キャッシング枠の設定は、クレジットカードの入会申込時にいっしょに行うことができます。
しかしクレジットカードの入会申し込み時にキャッシングに申し込まなかった場合でも、後からでも申し込むことも出来るのでご安心を(*^▽^*)

 

後からの申し込み方法に関しては、各クレジット会社によって異なりますが

カスタマーセンターに連絡して、その旨を伝えて資料を送ってもらうのが一番確実ではないでしょうか(^-^)

 

申し込み後クレジットカード会社による審査に通過したら、キャッシング枠が設定されキャッシングを利用できるようになります。

なおキャッシングのご利用可能枠は、希望どおりになるとは限りません。

 

申込者が申請した希望額をもとに、クレジットカード会社の審査によって決定されます。

 

キャッシングの利用方法

キャッシングは、お手持ちのクレジットカードをATMに挿入するだけですぐに借り入れが可能です。

 

借入れの手順としては自分の口座から現金を下ろすのとほぼ同じなので、面倒な操作もありません。

スピーディーな対応で待ち時間がないという点では、急いでいる人に最適なサービスかもしれません。

 

一方でWEBから振込依頼をすると、最短数十秒で自分の口座にお金を振り込んでくれるサービスもあります。

このサービスがあることにより、うっかり携帯料金や光熱費の引き落とし日を忘れていても簡単な操作ひとつで借り入れを間に合わせることが可能です。

 

クレジットカードを利用してキャッシングした場合は、1日50万円まで借り入れができるようになります。

 

キャッシング手順について

 

  1. ATMの画面上のメニューから「お引き出し」を選択
  2. 「クレジットカード」を差込口から投入
  3. 「暗証番号」を入力
  4. 「キャッシング」を選択
  5. 「借入金額」を1万円単位で入力
  6. クレジットカード、ご利用明細、現金を受け取る

 

一般的にキャッシング利用時には、手数料が発生する事を覚えておきましょう。

利用金額1万円で110円(税込)・2万円以上で220円(税込)のATM利用手数料がかかります。

 

キャッシングの返済方法

キャッシングで無事にお金の借入れが出来たら、今度は返済しないといけませんね。

ここではキャッシング後の返済方法について、お話していきましょう。

 

基本的には「一括払い」「リボ払い」の2種類があります。

 

一括払い

キャッシングした金額(元金)を利息を含めて一括で支払う方法です。

 

一括払いのメリット
  • 一括で返済することで返済利息が少なくてすむ
  • 借りたその日に返済すれば利息がかからない(利息がつくのは翌日から)

 

一括払いのデメリット
  • まとまったお金がないと利用できない

 

リボ払い

キャッシングの利用残高に応じて毎月定額の元金と利息を支払う方法です。

 

リボ払いのメリット
  • 手元にまとまったお金がなくても無理なく返済できる

 

リボ払いのデメリット
  • 返済期間が長くなるほど返済利息の金額が増える

 

海外でのキャッシング

国内だけでなく海外でもクレジットカードを使って、現地のATMで現地通貨をキャッシングする「海外キャッシュサービス」を利用することができます。

※ご利用分はクレジットカードと同様に、「翌月1回払い」になります。

 

海外キャッシュサービスのメリット

 

  • なにより余分な現金を持ち歩かなくても、必要なときに必要な分だけ引き出せる
  • 「Visa:PLUS」や「Mastercard:cirrus」のマークがついたATMなら、世界各国で利用可能
  • 利用日の実勢レートで換算されるため、銀行よりも為替レートがおトクになる場合がある。※ただし、為替レートによってはおトクにならないこともありますので注意が必要

 

キャッシングの注意点!!

キャッシングを利用するうえで、いくつかの注意点があります。

返さないといけないお金の事なので、それぞれ確認していきましょう。

 

利用する際には返済計画もしっかり立てておく

ご利用は計画的に」というキーワードを聞いた事ありませんか??

 

キャッシングは便利ですが、安易に大きな金額のお金を借りてしまうと返済に苦労することになります。
借りている期間が長くなると金利がかさみますので、なるべく早めに返済できるように必ず返済計画を立てておきましょう!!

 

キャッシングするとショッピング枠が減る

先にもお話しましたが、クレジットカードにはショッピング利用枠とキャッシング利用枠が設けられています。

 

ここで大事な事は…

 

総利用枠はショッピング枠とキャッシング枠の合計ではなく、ショッピング枠の中にキャッシング枠が含まれています。

 

例えば、仮に「ショッピング枠50万円」「キャッシング枠10万円」のクレジットカードの場合
クレジットカードの総利用枠は50万円なので、10万円のキャッシングをするとショッピング利用可能額は残り40万円となります。

もし、このクレジットカードを使って50万円の買物をすると、キャッシング利用可能額は0円になってしまいます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか??

 

キャッシングは消費者金融と同じ利率の高い利息がつくため、手軽に利用しすぎると利息を含めた返済額が膨れ上がります。

万が一返済不能になった結果ブラックリストに掲載されてしまう恐れもあります。

 

そのような事態に陥らないためにも、「キャッシングはあくまでも一時的に利用するもの」と考えておいた方が良いでしょう。

 

 


この記事に関連する記事一覧

この記事を書いた人

くろぼん

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
JAFカード一体のクレカ!!
カテゴリー
アーカイブ
Brother Blog Site